カテゴリー

日本語教師スタイルマガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


教師インタビュー

byマガジン編集部 マガジン編集部

内藤みゆきさん(Color Your Japanese World )

日本語教師としての「私の流儀」

フリーランスで日本語教師を行いながら「日本語教師のたまごサポーター」としても活躍されている「内藤みゆき」さんにお話を伺いました。

【内藤みゆき女史のプロフィール】 http://jforyou.jp/miyuki-naito/ 大学の副専攻では日本語教師について学び、在学中に日本語教育能力試験に合格。大学院進学後は日本語教育の研究科に従事。卒業後は日本語学校での非常勤講師を経て、オーストラリアの日本語学校での非常勤講師やニュージーランドでの大学講師などを経験。帰国後は結婚して宮崎に移住して、専門学校の講師職に就く傍ら、宮崎市移住アンバサダーや宮崎大学の日本語教師養成プログラム講師など、様々な角度で地域と日本語教育に携わっている。 現在は、Color Your Japanese World代表として、日本語教師のたまごサポーター(授業デザイン・コースデザイン、個別相談、ワークショップなど実施)として活躍中。

Q.日本語教師を目指したきっかけを教えていただけますか

日本語教師を目指したのは、高校生くらいの時に観たTV番組「世界ウルルン滞在記」で衝撃をうけたことがきっかけですとても大好きな番組でいつも観ているうちに、自分が知っている日常や常識というのは世界レベルで考えればほんの一部なんだということに気が付いて、それがおもしろいなと感じるようになりました。

 

そして、世界についてもっともっと知りたくなり、当時流行っていた日本語のクイズ番組などをみて、日本語の深さと世界の広さを知り、大学に進学する際に日本語教育の履修を選択したことが今につながっています。

Q.今はどのような方を教えていらっしゃるのでしょうか。

語学力のレベルとしては様々な方です。初級の方もいらっしゃいますし、上級・N1レベルの方もいます。 あとは介護の日本語とか、職種に特化したビジネス日本語も担当しています。

 

国籍としては、ネパールやべトナムの方が多くて、最近ではバングラデシュの方も増えてきています。 この間数えてみたのですが、20ヶ国以上の方々と接点を持たせてもらっていました。

Q.ワーキングホリデーや非常勤講師、常勤講師といろいろ働き方を経験されていますが、最終的に、フリーランスを選ばれたのはどうしてですか?

一年更新の非常勤講師や常勤講師など、様々な働き方をしてきましたが、事務作業に時間を取られることが多くて、自分の理想の生活ではないとなんとなく感じていました。 タイミング的に子供を生んで育てたいという思いも強くなっていたので、働くペースを落とすようになりました。

 

その後、妊娠、出産を経験し、より自分のスタイルを模索するようになりました。 また、ちょうどその頃、学校に通っていた学生が「日本語を学びたい」というよりは「日本で稼ぎたい」という目的の人が多くて戸惑っていました。 海外で日本語を教えていた時は、「日本語大好き」「日本文化が好き」という人たちばかりでしたので、その時の楽しさとのギャップを感じてしまっていたのです。

 

そんなもやもやした気持ちの時にプライベートレッスンを依頼されて、自ら学ぼうとしている方に日本語を教えるのがすごく楽しくて、「自分らしく生きるのはフリーランスの道だ」と思い、切り替えることにしたのです。

Q.自分らしい働き方を見つけたということですね?

 様々な場所で様々な働き方を経験したことが、今の選択につながっているということを強く感じています。 東京の日本語学校で教えていた時は、大学への進学予備校みたいな感じの学校で、日本語を教える力は鍛えられたのですが、常に違和感を感じていました。

 

オーストラリアで働いた日本語学校は東京の日本語学校とは全然タイプが違っていて、プライベートレッスンがほとんどでした。グループレッスンも少人数で行われていました。 ニュージーランドでは、高校生を対象としたオープンキャンパスで1日だけの日本語教室を担当したり、日本料理だとか、浴衣の着付けだとか、日本文化のレッスンを担当したりしていました。

 

こうした様々な経験の中で、自分らしい日本語教師としての働き方が醸成できていったのだと思います。 まだ目指している働き方には道半ばっていう思いもあるのですが、自分のペースで家族との時間だとか、自分の好きなこと・やりたいことも大事にしながら、楽しく仕事をして楽しく稼ぐという、理想的な形をつくりあげていきたいです。

Q.日本語教師として働く魅力について教えてください。

日本語教師は様々な国や地域の方と接する機会が多いです。お互いの食生活や文化、物事に対する考え方や習慣などについて話をすることで、お互いの世界が広がっていくという実感が持てることがとてもおもしろいと感じています。

 

例えば、日本では黒いネクタイはお葬式でしか使いませんが、ファッションとして黒いネクタイを入学式でしてくる学生もいました。 日本での習慣について話をすると、とても驚いていました。 その後、お互いの国の習慣や考え方について話が広がっていき、互いの国への理解が深まっていったという経験をしたことがあります。

Q.日本語教師としてのこだわりは何かありますか?

私は教えるというより、学習者との対話(会話)を通して気付きを促し、いつのまにかその文型を覚えていったりできるような、「教えない授業」みたいなことにこだわっています。

話せなかった学習者が、半年後には私が言った冗談とかで笑っているのを見ると、とてもうれしいです。

Q.使用されている教材やオリジナルの教材を教えてもらえませんか。

好きなテキストは『できる日本語』とか『いろどり』です。 自分で作った教材として好評だったのは、「ムスリムの食事の言葉」についてまとめたモノです。 バングラデシュ人に日本語を教えていた際、ムスリムの人たちは日本に来てから食事にとても困っていることを知りました。

 

彼らには宗教上の理由で、食べられるものと食べられないものがあるのですが、日本の食材ではそれがわからないのです。 それで、例えば「みりんは実は食べられないものだよ」とか、「菓子パンやチョコレートなどに入っている乳化剤とかも豚由来だから気を付けたほうがいいよ」とか、そういった実生活に役立つ資料を作成したときは、すごく好評でした。

Q.日本語教師としての武勇伝は何かありますか?

ニュージーランドの大学に着任した際、3日目で新入生と一緒に2泊3日のキャンプに行ったのですが、そのときの出来事が今でも印象に残っています。 ニュージーランドにはもともとアクティビティが多くて、バンジージャンプも発祥だったり、風船みたいな大きいボールみたいなのに入るのもニュージーランド発だったりするのですが、その中のひとつに「ツリーアドベンチャー」という、木の上に作られたアスレチックがあります。

 

例えば2本の木があって、そこを綱渡りみたいに渡っていくんです。30メートルくらいある木を登って行って、綱渡りを30メートルくらいするという、日本ではちょっと考えられないくらいの規模でした。 そのアスレチックスを私は最後の最後までできなかったんです。

 

そしたら学生たちが「先生!先生!」みたいな感じで盛り上げてくれて、それでなんとかやりきることができました。 とても怖かったのですが、今後の学生との関係作りのためにはやりきらなきゃという思いがあって、なんとかやりきったことが私の武勇伝です。

Q.他に学生との思い出はありますか?

これもニュージーランドの大学のときの話ですが、その大学で日本語を学んでいる人全員で、「恋するフォーチュンクッキー」の動画を作ったことです。 学生と一緒に練習して、ビデオを撮って、それを集めてひとつに編集していくという企画だったのですが、「先生、それ違う」とか言われながら、学生に教えてもらっていました。 今でも動画がYouTubeに上がっているのですが、それがとても楽しかったです。

学生との思い出の一枚

Q.尊敬している日本語教師の方はいらっしゃいますか。

私が特に尊敬している先生はお二人います。

お一人目は私の大学の恩師である堀井惠子先生です。 大学院までの間に、日本語教育の一から全てを教わったという感じです。 大学院修了後もずっとお付き合いさせていただいております。最近ではzoomで行われている堀井先生のゼミ会で、月1回くらいお話しさせていただいています。

先日、「世界中の日本語関係者のためのオンライン交流会」という、500名くらいが参加する大きなイベントの運営をされていて、そこで私も発題させていただいたのですが、その際にも色々なアドバイスをいただきました。

 

お二人目はフリーランスで日本語教師をされている由利智美さんです。実は、私がフリーランスをめざそうと思ったのは由利さんがきっかけなのです。 由利さんのことは、フリーランスの日本語教師になりたいと思ってネットで情報を探しているときに知りました。 私は当時から宮崎に住んでいた、東京で開催されているセミナーにはなかなか参加できませんでした。 それでSkypeのセッションとかお願いして、3~4年前からサポートを受けています。

 

今、J FOR YOUという、日本語教師の地位を上げよう、収入を上げようという取り組みをしているコミュニティを主催されていて、私もそのメンバーとして活動しています。

Q.これからの日本語教師について、どのようにお考えですか。

日本語を教えるだけでは差別化ができないので、日本語教師として生き残れないのではないという危機感を持っています。 オンラインのプラットフォームを使えば、ボランティアの方とか資格を持ってない方とかでも簡単に日本語教育に携わることができて、それも低価格でサービスを提供することが可能です。 そういう領域に入ってしまうと、価格競争でどんどん収入が低くなってしまうと思います。

そして結果的に、日本語教師の地位も上がらないので、価格競争の波に飲み込まれる働き方は止めたほうが良いと感じています。

 

これからは日本語を教えるだけじゃなくて、それぞれの強みを活かして「日本語+α」を外国の方に提供していくべきだと思います。 それで私は「日本語教師のたまごサポート」という活動をはじめました。 日本語教師になろうとしている方とか、養成講座に通っている方とか、新米の日本語教師の方に対してサポートをしているんですが、それぞれの方が今までに積んできたキャリアを強みとして活かすことができて、楽しく働いて楽しく稼ぐようになれるような世界を実現していきたいと考えています。  

 

また、コロナ禍でオンライン授業が浸透したことが、日本語教師の世界を変えるきっかけになると思います。 私自身も、オンラインを活用すれば自分が住んでいる地域に限らず、世界中のいろいろな地域の方と繋がって仕事ができるのではないか、という希望を強く持つようになりました。

 

例えば、私が住んでいる宮崎のような地方都市には、日本語学校は1つしかないですし、大学も3つくらいしかありませんので働く環境は限られていました。しかし、オンライン化が進めば、地方にいてもチャンスは広がっていくと思います。

Q.「日本語教師のたまごサポート」の活動について詳しく教えてください。

  「日本語教師のたまごサポート」というのは、私が個人で行っているワークショップです。 Instagramにおいて「日本語教育」というテーマで発信しているのですが、そこで視聴者からの質問に答えたりしながらコミュニケーションを取っています。 そこで気づいたことは、やはり日本語教師にとって授業の準備が一番大変だということでした。

 

実際に、自分自身も新人時代は毎日新しい準備をするのにすごく時間がかかって苦労していました。 試行錯誤している間にだんだんポイントを掴むことができていったので、その経験を活かして、「日本語教師の授業準備の時短術」というテーマのワークショップを行っています。

 

私が心掛けている時短の方法であるとか、例文の作り方だとか、そのようなことをお伝えしています。 また、「養成講座ではオンラインレッスンについて習わないので教えてほしい」というリクエストでいただいたので、「はじめてのオンラインレッスン」というワークショップを開催しています。その他、ニーズに合わせたワークショップもやっていきます。

Q.日本語教師としての内藤さんの強みは何だと思いますか。

柔軟性と行動力だと思っています。 私はすごく不器用で、人並みにできないことの方が多いのですが、日本語教師の仕事だけは本当にずっと楽しんでやってくることができました。 「どうしてかな?」と考えてみたのですが、場の状況に合わせて割と柔軟に対応できているということと、行動力があることが理由だと思いました。

 

例えば、フリーランスで日本語教師をされている由利智美さんが東京で開催しているセミナーに参加できなかったので、「オンラインでお願いできませんか?」というお願いをしたことがきっかけでオンラインセッションが始まりました。

 

また「宮崎に移住してきた外国人の方のお手伝いがしたい」と思って問い合わせをしたことで、宮崎市の移住アンバサダーにもなれました。 そのような行動が結果として私の日本語教師としての活動を支えてくれています。 思い起こせば海外生活においても、自分が面白そうだなと感じたことには積極的に参加することで、いろいろな人たちとの接点が増え、それがチャンスとして広がっていきました。

そのような経験から、柔軟性と行動力こそが私の強みだと感じています。

Q.座右の銘を教えていただけますか。

高橋歩さんという作家の方の言葉なのですが、「Believe yourトリハダ」を座右の銘にしています。 意味は一言でいうと、「直感を大切にする」ということになります。

つまり、自分の体が反応した結果である「トリハダ」は嘘をつかないということですね。 雇用条件とかで仕事などを選ぶのではなく、「おもしろそう」とか「この人と話してみたい」とか、そういう直感に素直に従って行動していくと、楽しくて新しい世界が広がったりした経験があるので、この言葉を大切にしています。

 Q.最後に内藤さんが考える、日本語教師の魅力を教えてください。

私が日本語教師をめざしたきっかけが「世界ウルルン滞在記」だったことは先ほどお話ししましたが、「日本語学習」を通じてそれぞれの文化の話などをすることで、「世界ウルルン滞在記」のようにお互いの世界が広がっていくことが魅力的だと思います。 自分が常識だと思っていたことが、いろんな国の人と出会って話す中で、とても狭くて小さいことなんだなということに気がつくことができる瞬間におもしろさを感じています。

副教材・オリジナル教材

日本語教師スタイルは、日本語教師のキャリアアップのための資格取得・就職・転職を目指す方向けのWEBメディアです。インタビューによる日本語教師の生の声、日本語教育・教育業界のお役立ち情報満載です。

<こんな方におすすめです>

  • 日本語教師になることを目指している方
  • 日本語教師のスキルアップを目指している方
  • 日本語教育業界のことを知りたい方
マガジン編集部

マガジン編集部

この記事を監修した人

「言葉を教え、文化を広げ、異文化に橋を架けよう」というサービス理念のもと、国内・海外に日本語教育を展開している会社です。日本語を学び、日本語を使い、日本語でつながり、夢を実現するまでの教育を行っています。

SNSで記事をシェア