カテゴリー

日本語教師スタイルマガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


日本語教育トピックス

byマガジン編集部 マガジン編集部

キーワードは模擬授業!日本語教師養成講座に通うべきか否かを徹底解説

日本語教師になるには、いくつかパターンがあります。今回の記事では、語学学校で働く日本語教師を目指すのであれば、どうして日本語教師養成講座の受講をおすすめするのかについて解説したいと思います。

日本語教師になるには

もしあなたが日本語教師を目指しているとしたら、下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

 

①大学の主専攻または副専攻で日本語教育を学んだ者

②日本語教師養成講座(420時間以上)を修了した者

③日本語教育能力検定試験に合格した者

 

今あなたが中学生や高校生なのだとしたら、①の日本語教育を学べる大学に入学することが望ましいと思います。理由は2つあります。1つ目は海外や大学などの教育機関で働く日本語教師になりたいと思った際、ビザの関係で4年制大学以上の学歴を求められることが多いためです。2つ目は「語学」だけではなく「教育」についても体系的に学ぶことができるからです。

 

もし他の職業で就業中であったり、ボランティアで日本語を教えるといった副業的な立ち位置で日本語教師になりたいと考えたりしているのであれば、③の日本語教育能力検定試験にチャレンジすることをおすすめします。経済的な負担が軽く、自分自身の空き時間に学ぶことができるからです。

 

しかし、「今の仕事を辞めて語学学校で働く日本語教師になるんだ」という覚悟を決めているのであれば、②の日本語教師養成講座の受講をおすすめします。

 

自分の努力で確実に権利を得ることができる

日本語教師養成講座を活用する最大のメリットは、努力して修了しさえすれば日本語教師の採用条件を必ず満たすことができるという点です。

 

公益財団法人日本国際教育支援協会が公開している資料によりますと、令和2年の「日本語教育能力検定試験」合格者は2,613人で、応募者に対しての合格率は合格率は23.0%です。

超難関という程の合格率の低さではないですが、試験対策の勉強さえすれば必ず受かるというような難易度ではありません。

 

特に期限を決めることなく、ゆっくりと勉強を続けて日本語教師になろうという人であれば構いませんが、日本語教師として働きたい日時が決まっている場合は、不確実な日本語教育能力検定試験よりは、確実に条件を満たすことのできる日本語教師養成講座の方が向いています。

模擬授業などを経験することができる

語学学校で日本語を教える際には、日本語のみで授業を行う形式、いわゆる直接法を用いることが多いです。したがって、専門的な教育の知識や経験がないと、教師として必要な品質を出すことができない可能性があります。

 

日本語教師養成講座では、ほとんどの場合、模擬授業がカリキュラムに組み込まれているので、卒業後すぐに教育現場で役立つスキル・経験を得ることができます

 

日本語教師になりたての新人にとって、最大の難関は授業の準備だと言われています。多くの日本語教師が非常勤教師から仕事を始める理由のひとつに、授業の準備に膨大な時間を要するので、最初から常勤教師は勤まらないという認識があるからです。模擬授業は準備の方法から学ぶことができるので、実践的な経験が積める貴重な場です。模擬授業が充実しているかどうかを見極め、受講する講座を選択と良いでしょう。

 

実際の流れとしては下記のように進んでいきます。

(1)教えるテーマについての文法・理論を理解する

例えば「いる」と「ある」について教える授業であれば、文法上のルールや言葉の概念、それぞれの言葉の使い分けの場面などについて、自分自身がしっかりとした知識を持っていることが重要となります。

 

(2)授業の流れを組み立てる

決められた時間の中で、理解しやすい話をするためにはどのような順番で話せばいいか、台本作りを行います。

 

(3)教材作成

学生の理解を手助けするような教材を準備します。必ずしも自作する必要はなく、すでに世の中で広く活用されている教材を利用してもまったく問題ありませんが、自分の授業に合った教材を選択する必要はあります。

 

(4)協力者を相手にシミュレーションを実施

実際に生徒に対して授業を行う前に、一度授業を通しで実施して、改善点をフィードバックしてもらいます。講座受講中であれば、先生に対してシミュレーションを行うことができるので、高い学習効果が期待できます。

 

(5)実際に模擬授業を実施

おそらくは無我夢中であっという間に終わってしまうでしょう。あとで振り返りを行うために動画撮影をした方が良いでしょう。

 

(6)フィードバックを受ける

撮影した動画を視聴し、自分自身で振り返るという作業も大切ですが、やはりプロフェッショナルである第三者から、客観的なアドバイスを受けることはとても重要です。

 

このような一連の流れを何度か体験すれば、教える内容が変わったとしても授業準備のプロセスは同じですので、日本語講師として独り立ちする際に大いに役立つ経験となります。日本語教師の実務経験がないとしても、「自分はプロの日本語教師だ」と言える根拠になりえるわけです。

 

意外に知らない養成講座運営学校側の事情

日本語教師養成講座を行なっている学校に限らず、介護士や看護師、アニメーターやITエンジニアなどの専門学校においても、卒業後の就職率は学校の経営を左右する重要ポイントです。なぜなら、学校選びをする生徒は就職率の高い学校を選ぶ傾向が強いからです。したがって必然的に養成講座運営学校は、入学後の学生に対する就職支援にはとても力を入れることになります。

 

具体的には

 

・常時、受講生への求人案件の告知(掲示板など)

・就職先などのキャリア相談の実施

・書類作成・面接対策などのレクチャー

・就職支援セミナーなどの実施

 

といった、充実した就職活動のサポートを受けることができます。

 

もちろん就職率を上げるために、就職先である語学学校とのパイプがとても重要になります。「日本語教師になったらここで働きたい」と考えている語学学校などがすでに存在するのであれば、その学校と強いパイプを持っている養成講座運営学校を選ぶべきです。

 

学校選びは、ほぼ就職先選びであるという認識を持った方が良いでしょう。

 

給付金を受けられるチャンスあり

厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練を受けた場合に、その費用の一部を「教育訓練給付金」として受け取ることができます。上限を10万円とし、入学料および受講料の合計額の20%がもらえます。また、現在失業中でハローワークに通っている状況であれば、「教育訓練支援給付金」を活用して日本語教師養成講座に通うこともできるかもしれません。

 

※注意

雇用保険の被保険者であった期間が通算3年以上(転職等による被保険者の空白期間が1年以上の場合は通算されません)あり、受講開始日において被保険者であるか、被保険者でなくなって1年以内であることなど、対象となるには条件がありますので必ずご確認ください。

参考:厚生労働省 教育訓練給付制度

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

 

※注意

自治体によっては、日本語教師養成講座が対象講座の中に入っていないことがありますので、必ずご自身が在籍している自治体の状況を確認してください。

検索URL:https://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/GECA150010.do?action=initDisp&screenId=GECA150010

 

まとめ

今回の記事では、日本語教師となるために、日本語教師養成講座を修了するメリットについて考察してきました。

 

ひとくちに日本語教師といっても、活躍の場を海外に求めるのか、日本国内に求めるのか、常勤教師として生涯の仕事とするのか、ボランティアなどで日本語教育に関わるのかといった就業スタイルによって、雇用までの道のりは変わってきます。また、日本語教師自体が何歳からでもチャレンジすることが可能であるため、大学進学前の学生もいれば、早期退職によって第二の人生を日本語教師として過ごしたいと考える方もいるでしょう。経済状況や融通の利く時間などもまちまちですので、ご自身に合致した方法を選択する必要があるわけです。

 

いずれにしても重要なのは、採用する学校側が教師に何を求めているかというと、就業の時点で独り立ちできるかどうかという点です。経験不足の教師を周囲がフォローすることはあっても、授業の準備などをマンツーマンで手取り足取り一緒に行うことはありません。ですので、採用試験では、ほとんどの場合に模擬授業が実施され、独り立ちできているか否かが試されます。

 

日本語教師になりたいのであれば、自分の状況に適した方法を選んで構わないのですが、少なくとも模擬授業は軽々と実施できる状態に仕上げてからでなければ、職に就くことは難しくなります。生徒にとって、教師が新米であるかどうかはまったく関係ありません。教壇に立ったら、すぐにプロフェッショナルとして活動するということを前提に、取るべき方法を考えてみてください。

 

今回の記事が、あなたの現在の状況とキャリアプランに合致した方法を選択するための参考になれば幸いです!

日本語教師スタイルは、日本語教師のキャリアアップのための資格取得・就職・転職を目指す方向けのWEBメディアです。インタビューによる日本語教師の生の声、日本語教育・教育業界のお役立ち情報満載です。

<こんな方におすすめです>

  • 日本語教師になることを目指している方
  • 日本語教師のスキルアップを目指している方
  • 日本語教育業界のことを知りたい方
マガジン編集部

マガジン編集部

この記事を監修した人

「言葉を教え、文化を広げ、異文化に橋を架けよう」というサービス理念のもと、国内・海外に日本語教育を展開している会社です。日本語を学び、日本語を使い、日本語でつながり、夢を実現するまでの教育を行っています。

SNSで記事をシェア