カテゴリー

日本語教師スタイルマガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


日本語教育トピックス

byマガジン編集部 マガジン編集部

日本に留学したい学生が必ず通らなければならないEJU(日本留学試験)について徹底解説

もしあなたが海外の英語圏の大学へ留学したいと考えているとしたら、何をしなければならないでしょうか?

 

もちろん様々な準備が必要なのですが、避けて通れないのが英語で授業を受けることができる能力を所持していることの証明です。その手段として、世界でもっとも受験されている大学進学向けの英語試験はIELTSです(2021年現在)。今までは、イギリスやオセアニア地域に留学を希望する人が中心でしたが、近年はアメリカやカナダにおいてもほぼ全ての大学がIELTSのスコアを受け入れるようになりました。

 

この日本語版として存在しているのがEJU(日本留学試験)です。海外で日本語を教える場合、日本への留学を希望する学生と対象とするケースも多いので、このEJUについてしっかりと理解しておく必要があります。そこで今回の記事では、このEJUについて解説したいと思います。

EJUとは

EJUとは、日本の大学などに進学を希望する外国人留学生に対して課せられる試験で、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が実施しています。年2回、6月と11月に実施されます(2021年現在)日本の大学などで講義を受講するために必要な日本語力および基礎学力を持ち合わせているかを評価するために行われています。日本の大学の60%以上にあたる485校、国立大学においてはほぼ全ての大学が入学選考にEJUの成績を利用しています。

 

EJUは、多くの高等教育機関が入学の条件として義務づけていた「日本語能力試験」と「私費外国人留学生統一試験」の2つの試験に代わる試験として、2002年より年2回、日本国内と国外で実施されています。

 

EJUの実施科目は、日本語、理科(物理・化学・生物)、総合科目および数学です。学校によって指定されている受験科目が異なりますので、必要科目を選択して受験することになります。なお、日本語科目以外の出題言語は日本語と英語があり、出願時に選択できます。

 

参考:独立行政法人日本学生支援機構 入学試験にEJUを利用している学校

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/eju/examinee/use/index.html

 

大学の中には個別の入学試験を実施することなく、EJUの成績と高等学校の成績のみを判断材料として合否を決める大学もあります。その場合、日本に渡航することなく自国にいながら受験することができ、合否判定もわかります。

 

参考:独立行政法人日本学生支援機構 渡航日前に入学許可を行う大学

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/eju/examinee/prearrival/uni_national.html

 

また、EJUの成績優秀者は、希望すれば「文部科学省外国人留学生学習奨励費」給付を申請することができて、入学後にこの奨学金(48,000円/月(2019年度))を受給することができます。

 

参考:独立行政法人日本学生支援機構 留学生受入れ促進プログラム予約制度

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/scholarships/shoureihi/yoyakuseido/index.html

 

発展途上国からでも日本に留学しやすいように、経済的負担の軽減について配慮された制度と言えるでしょう。それは、日本が国策として海外からの留学生受け入れを強化しているからです。その結果、経済的に余裕がない学生であっても、日本に渡航することなくある程度の留学準備ができる制度として整備されました。

 

海外で日本語教師を行うのであれば、留学したい学生の総合的な支援を行うために、制度全体をしっかりと理解する必要があります。

 

参考:文部科学省「留学生政策をめぐる現状と施策」

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/043/siryo/__icsFiles/afieldfile/2019/01/21/1396556_6.pdf

 

2021年現在のEJU実施(予定)国は、インド、インドネシア、韓国、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、フィリピン、ベトナム、香港、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ロシアです。

 

参考:独立行政法人日本学生支援機構 日本留学試験国外実施 問い合わせ先(アジア)

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/eju/examinee/contact/asia.html

 

JLPT(日本語能力試験)との違い

EJUは前述のとおり、日本の大学などで講義を受けることができる日本語力の測定を目的としています。それに対してJLPT(日本語能力試験)は、一般的な日本語能力の測定を目的としており、公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)と独立行政法人国際交流基金(JF)によって実施されています。

 

ちなみに、前述した英語試験・IELTSには、大学進学向けの試験であるAcademicモジュールと、移住目的で受験するGeneral Trainingモジュールが存在しており、日本でいうEJUとJLPTの両方の役割を担っているようです。

 

試験内容にはそれぞれ特徴があります。まず、JLPTには記述問題がありません。一方、EJUには語学としての知識(語彙や文法)を問う問題はありません。このように、それぞれの試験の目的に合った問題が出題されていますので、難易度などを比較することはとても困難です。

 

また、基本的には日本の大学などへ留学を希望する場合は、EJUを受けなければならないのですが、EJUが実施されない国・地域の受験者については、JLPTの成績を代替としている大学も存在します。もし留学を希望する学生が、EJU実施(予定)ではない国や地域に在住しているのであれば、JLPTで代替できる場合があります。志望校ごとに異なっているので、個別に確認するようにしてください。

 

ちなみに、JLPTの方が、海外でも多くの場所で実施されています。

 

参考:JLPT公式サイト 海外の実施都市・実施機関一覧

https://www.jlpt.jp/application/overseas_list.html

 

教育機関以外ではあまり知られていないEJU

今まで見てきたように、日本の教育機関への留学を希望する学生たちにとって、EJUはとても重要な位置付けにあるのですが、日本社会ではEJUの存在はあまり知られていません。

 

日本での就職を考える際、企業が採用の条件として課しているのはJLPTです。留学後も日本在留を希望するのであれば、日本語力がいちばん高いタイミングでJLPTを受験しておくことが無難です。

 

しかし、これには留意しておいたほうが良い事情があります。例えば、企業の採用条件としてJLPTのレベルを表す「N1」や「N2」が書かれていたとしても、それは簡単に日本語能力を測りたいから条件に記載しているのであり、必須条件とまではなっていないこともあるということです。例えば、英語力が問われる求人にも同じことが言えます。必要な英語力として求人票に「TOETC 800点以上」と書かれていたとしても、790点の人がそれだけを理由に選考から漏れてしまうことはほとんどありません。あくまでも、目安として使われることが多いからです。

 

前述のように、JLPTとEJUとでは、単純に比較ができません。しかし、JLPTを受験できていない留学生がいたのであれば、EJUでの成績通知書に書かれている結果から、留学生自身の日本語力をある程度説明できるようなアドバイスをしてあげたほうが良いでしょう。

 

EJUの内容を検証してみた

EJUは、理解力を問う問題(読解、聴解、聴読解)と、発信力を問う問題(記述)とから成り立っています。

1.読解、聴解、聴読解領域

読解のパートでは、文章の読解が中心ではありますが、図表などが提示されて、それに関わる読解力を問われることもあります。聴解は、音声によって出題され、聴読解は、図表や文字情報と音声を組み合わせて出題されます。読解、聴解、聴読解領域では、ただ単に文章や談話音声が何を伝えているのかを理解するだけでなく、その他の情報と組み合わせて論理的に解釈していく能力が問われます。大学進学向けの試験に特化しているがゆえに実行できる内容であると考えられます。

2.記述領域

記述領域では、与えられた課題が求めている内容に沿って、自分自身の考えを論理的に組み立てていく能力が問われます。具体的には、自分自身の主張を証明するための、適切な根拠や実例を提示したり、ひとつの視点ではなく多角的な視点から考察することで客観性を用いたり、文章構成を考えたりといったことが必要となってきます。

 

・提示された課題・テーマについて、自分の意見を論じる

・記載された課題について現状を説明し、解決方法やその後の予測について考察する

 

参考:独立行政法人日本学生支援機構 日本語シラバス

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/eju/examinee/syllabus/japanese.html

 

まとめ

読者の皆様は「留学生30万人計画」というのをご存じでしょうか。2008年に日本政府によって公表された計画で、2020年を目途に留学生の受入数を30万人に増やすことを目指すというものでした。その目標は達成されたわけですが、EJUを積極的に活用し、海外にいながら日本留学にチャレンジすることができる制度を整備できたことが大きく寄与したことは疑いのない事実です。

 

これからは国策として、留学生だけでなく特定技能実習制度を活用した、海外からの社会人の受け入れも積極的に行われていくことになるでしょう。それに合わせて様々な制度が整備されるはずです。

 

今回の記事では、日本語教師として、EJUをはじめ、海外から日本に留学する学生向けに整備された様々な制度について、深く理解することの重要性について学ぶことができました。それらの制度の存在を知ることで、日本への留学を目指す学生も増えるのではないかと思います。

 

日本語教師には日本語を教えるだけではなく、学生のキャリア支援を総合的にアドバイスする責任もあります。この記事が、進学に関して正しいアドバイスをする一助になれば幸いです。

 

日本語教師スタイルは、日本語教師のキャリアアップのための資格取得・就職・転職を目指す方向けのWEBメディアです。インタビューによる日本語教師の生の声、日本語教育・教育業界のお役立ち情報満載です。

<こんな方におすすめです>

  • 日本語教師になることを目指している方
  • 日本語教師のスキルアップを目指している方
  • 日本語教育業界のことを知りたい方
マガジン編集部

マガジン編集部

この記事を監修した人

「言葉を教え、文化を広げ、異文化に橋を架けよう」というサービス理念のもと、国内・海外に日本語教育を展開している会社です。日本語を学び、日本語を使い、日本語でつながり、夢を実現するまでの教育を行っています。

SNSで記事をシェア