カテゴリー

日本語教師スタイルをフォローして最新情報をチェックしよう!


教師インタビュー

by日本語教師スタイルマガジン編集部 日本語教師スタイルマガジン編集部

竹本薫さん(miki WORLD)

日本語教師としての「私の流儀」

miki WORLDという会社を運営し、「おもてなし日本語教師」という肩書で活躍されている「竹本薫」さんにお話を伺いました。

竹本薫女史のプロフィール

高校に通学しながら420時間の日本語教師養成講座を修了。

大学には進学せず海外での日本語教師を目指すが実現できず、接客業に従事。

現在は「笑顔」と「日本語」で世界を繋ぐmiki WORLDという会社を運営している。

Q.日本語教師を目指したきっかけを教えていただけますか。

海外で何か仕事をしたいな、と漠然と思うようになり、調べたら日本語教師という職業を見つけたので、興味を持つようになりました。

Q.日本語教師として活動してまだ1年ということですが、その間は何をされていらっしゃいましたか?

当時、日本語教師養成講座を修了すれば 日本語教師になれると思っていましたので、大学へは進学しませんでした。

高校を卒業した後、海外で働く日本語教師になろうと思い、仕事を捜し始めた時に始めて四大を卒業していないと応募資格がないということに気づきました。

 

面接すら受けさせてもらえないことがものすごくショックで、そこで日本語教師になることを諦めてしまいました。

それからはずっと接客業を18年やっていました。

Q.日本語教師として活動はどのように再開したのですか。

いくら日本語教師養成講座を修了しているとはいえ、かなり長い間日本語教育から離れていましたので、まずは知識不足を補うために講座などを受けて文法を学び直しました。

 

そして、まずは無料からでもよいので、数多くの経験を積むためにお友達作りから始めました。

ずっとInstagramをやっていたので、日本語に興味がありそうな人にどんどんメッセージを送って「無料で日本語を教えましょうか?」という感じでお声がけをしていきました。

無料なので、比較的楽に生徒さんを獲得することができました。

 

その後は生徒さんに紹介していただいたりとか、企業様と業務提携させていただくことができていったので、今はそういったお客様に教えています。

Q.今はどのような生徒さんを教えていらっしゃるのですか?

ほとんどが社会人の方です。ビジネスマンや技能実習生が多くて国籍は多岐にわたっています。中国、インド、イギリス、コロンビア、アメリカ、トルコなどです。

  

日本語のレベルとしては9割がN5・N4レベルの初級の方です。

レベルの高低を問わず、私の生徒さんは日本での会話・コミュニケーションがしっかりとれるようになりたいということで、会話中心のレッスンとなっています。

 

初級の生徒さんの中には、海外に住んでいるけど日本語が好きで勉強している人や、将来日本に来て働きたいと考えていて、すこしづつ勉強を始めているというような方もいらっしゃいます。そういった方は、基本的には文法の勉強をしています。JLPTを受けたいと思ったらいつでも受けられる状態にしておきたいので、文法を中心に教えています。

 

合計で個人レッスンが9人と、グループレッスンを2つ担当していて、1日3時間~4時間程度働いています。

Q.尊敬している日本語教師の方はいらっしゃいますか。

私が今お世話になっている、入江ちほみ先生です。

教え方がすごく的確で上手だということもあるのですが、日本語を教えるだけではなく、生徒さんの悩み相談にもとても親身になって対応されているところが人として尊敬しています。

日本語教師である前に、「みんなが幸せになれるようにお手伝いしたい」という感じの方で、私も人としてそうありたいと思っています。

Q.自分らしさを発揮できるのはどのような時ですか。

オンラインで1対1の対面で生徒さんと会話をしているときにが、いちばん自分らしさを発揮できていると感じています。

「おもてなし」を取り入れたグループレッスンも担当しているのですが、やはりグループレッスンだとひとりひとりが解決しなければならない問題を解決できないということに気付いたんです。

グループレッスンはたくさんの人に教えられるのは良いことなのですが、できる人とできない人との差が目立ってしまって、どうしてもできない人に寄り添ってしまうんです。

心が痛くなるというか、助けたくなってしまうのです。

 

ですので、オンラインで1対1の対面という方法が最も私らしい働き方だと思います。

学習者との思い出の一枚

Q.使用されている教材やオリジナルの教材を教えてもらえませんか?

「笑顔」と「日本語」で世界を繋ぐmiki WORLDという会社を、個人事業主として運営しているのですが、そこでは私が実際に初級の文法を勉強した際の先生が作られた、初級文法のオンラインテキストを使用し、販売もさせていただいております。

それには絵がないので絵を付け加えたり、必要な個所を切り取ったりして使用しています。

 

そのテキストには問題は載っておらず、簡単な英語によって文法を説明するだけになっています。それを使うと、1回のレッスンで、速く、そして多くの文法を教えることができるので、すごく効率的だと思って使用しています。

早く文法を終わらせることができるので、残った時間で問題を解いたり、会話をしたりという有効な時間として使えることが、私の中ではとてもメリットがあると感じています。

 

会話中心の場合は基本的に道具は何も使いません。

zoomで行うことがほとんどなので、話しながらチャット機能を使ったり、あとはワードを開いてホワイトボード代わりに文字起こしをして「ここはこうですよ」という感じで説明をしています。

Q.miki WORLDという会社について少し紹介してもらえませんか。

「miki」は樹木の「幹」からとりました。

私の会社が、たくさんの生徒さんや日本語教師の方、地域住民の方方のつながりの場所になって、枝が伸ばしていけるといいなとの思いで「miki」という言葉を使っています。

 

また、企業ミッションとして「笑顔と日本語で世界を繋ぐ」というテーマを掲げて活動しています。

 

接客業の経験が長いということもあるのですが、笑顔にはすごくこだわっています。

自分が誠心誠意、笑顔で「おもてなし」をすると、相手の方も嬉しく思っていただけて、お互いが自然に笑顔になるんです。

Q.では逆に、日本語教師をやっているうえでの苦労はどんなことがありますか?

自分の日本語にたいして自信がなくなっていくといいますか、自分が教えていることは本当に合っているんだろうかという不安に苛まれる時があります。

そういう時は、普段の家族とか友だちの会話まで変に意識してしまって、自分らしくなくなってしまいます。

子どもにまでちょっと厳しくなってしまうときは、プロフェッショナルとしてはいいかもしれないけど、普通の人間としてはどうなんだろう、と考えてしまいます。

Q.日本語を教える際に意識されていることはありますか。

 

生徒さんが、日常会話の場で自然に日本語が使えるようになることです。

 

ある程度日本語を学んだ方が口をそろえておっしゃるのは、「もう文法は分かるのだけれど、実際に会社とかで話すときに話せずに、結局コミュニケーションがうまくいかない」ということなんです。

 

そういった悩みを聞いて、具体的なそれぞれの場面での会話を想定し、日本人がどのようなことを考えて、どのような言葉を選び、会話しているのかを教えています。

 

大学などの授業で学ぶものとは違って、日本人との会話の場面でとても役に立っているという意見を聞くと、とてもうれしくてやりがいを感じます。

Q.座右の銘を教えていただけますか。

 

座右の銘というわけではないのですが、「今の自分にできること」をモットーにしています。

今の自分にできないことをしようと思っても仕方がないので、今の自分だから教えられることと、経験を積んだ自分が教えられることは変わってくると思うので、「今の自分にできること」を最大限出し切ることを心掛けています。

Q.日本語教師の国家資格化という話もありますが、これからの日本語教育についてどのようにお考えですか。

国家資格化の必要性は理解していますが、少し危惧していることもあります。

 

それは、今後も日本語教師の必要性が増えていくのに、国家資格化になることによって日本語教師になる難易度があがり、数が少なくなって、さらに人材不足が進むのではないかということです。

でも一方で、国家資格化になれば、もっとプロ意識の高い日本語教師が増えるのではないかという期待もあります。

 

また、コロナ禍で海外から日本にくる外国籍の方が減ってしまったことで、日本語教師の将来性についてマイナスに考えるのは間違っていると思います。

コロナ禍だからこそできることは絶対にあります。諦めそうになっている人に、今までとは違った方法を探すことを提案したいですね。

 

そのひとつがオンラインの活用です。

日本語教師業界でも今、「オンラインにせざるを得ない」ということで、ものすごい勢いで発達しています。

 

私はコロナ禍とは関係なく、元々オンライン専門の日本語教師になりたかったので、特に違和感は感じないのですが、対面に慣れている方はどうしても対応するのが難しいと感じてしまうようです。

とにかく諦めないで、できることからすこしづつやっていって、可能性を広げてほしいと思います。

 

オンラインのよさは、世界中の人に教えられるということだと思います。

時差の問題もありますが、それを逆手に取れば夜中でも生徒さんを教えられるので、欠点を利点に変えて働くこともできるわけです。

Q.どうしてオンライン専門の日本語教師を目指されたのですか?

いちばんの理由は、子育てのために家で仕事がしたいということでした。 

Skypeやzoomなどは一度も使ったことはなかったのですが、まずは登録するところから初めてみて、分からないところは講座を受けて、という感じで進めていきました。

性格的に、やり方を先に学ぶというよりは、まずはやってみて、わからなかったら勉強するというタイプなので、行動あるのみでした。

やってみたら何とかなるもんだなと、改めて実感した次第です。

 

Q.竹本薫さんにとってのこだわりを教えてください

 今私は「おもてなし日本語教師」という肩書で活動しているのですが、日本語教師業界にはまだまだ「おもてなし」という発想が不足していると感じています。

 

教えなければならないことを教師側が勝手に決めてしまって授業を行うのではなく、生徒さんが本当に望んでいるレッスンを提供することにこだわっています。

 

もちろん、ただ望んでいるのではなく、生徒さんにとって必要なこと、ためになることであるかどうかは、プロの日本語教師として判断しなければなりません。

そのためには、とにかく生徒さんとお話をすることが大切です。

 

会話を繰り返す中で、生徒さんの本当に苦手な部分、見直さなければならない部分を探し、その方に最善の方法を考えて、レッスンを組み立てていく必要があります。

 

そして、必ず、レッスンが終わったら、今日の感想と改善してほしい点を生徒さんに必ず聞いて、次のレッスンには取り入れるようにしています。

それを繰り返すことで、生徒さんのためのレッスンが実現できるように心がけています。

Q.具体的な例を教えていただくことはできますか?

 

例えば、会話を中心に勉強いしたいっておっしゃった生徒さんがいたのですが、話していくうちに、活用や助詞が間違っていることに気が付き、その間違いが円滑なコミュニケーションを妨げていると感じたので、授業の中に文法を教える時間を多くとるようにしたことがあります。

ただ教えるのではなく、具体的な改善方法を提示して練習を根気よく行いました。

Q.日本語教師の仕事を通じて、何か学んだことはありますか?

生徒さん皆さん、授業だけじゃなくて授業以外の部分で、自分の忙しい時間を削って日本語の勉強をするという努力をすることができて、自分自身もそれに刺激されて怠けちゃいけないと思って、そこはすごく刺激されています。努力することの大切さを、見えないところでも、それをすごく教わりました。

 

副教材・オリジナル教材

 

日本語教師スタイルは、日本語教師のキャリアアップのための資格取得・就職・転職を目指す方向けのWEBメディアです。日本語教師・教育業界のお役立ち情報満載です。

<こんな方におすすめです>

  • 自分のキャリアを一人で考えるのは大変。日本語教師のキャリアアップを相談したい
  • 海外の学校で働きたいが、求人が見つけられない。海外の学校にエントリーしたい。
  • 模擬授業が心配で一度見て欲しい。面接練習や履歴書の添削をして欲しい。

こんなことでお困りの方、ぜひ新しい働き方に挑戦してみませんか?あなたに合ったキャリア・求人をご提案させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

日本語教師の転職相談はこちら

日本語教師スタイルマガジン編集部

日本語教師スタイルマガジン編集部

この記事を監修した人

「言葉を教え、文化を広げ、異文化に橋を架けよう」というサービス理念のもと、国内・海外に日本語教育を展開している会社です。日本語を学び、日本語を使い、日本語でつながり、夢を実現するまでの教育を行っています。

SNSで記事をシェア