カテゴリー

日本語教師スタイルマガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


日本語教育トピックス

byマガジン編集部 マガジン編集部

漢字が苦手な方への漢字指導

近年では、ネパール、フィリピン、ベトナムなど非漢字圏の日本語学習者が増加しており、漢字指導で苦労をされている先生もいらっしゃるかと思います。今回の記事では、日本語教育における漢字指導について見ていきたいと思います。

日本語学習者と漢字

N1の漢字数は義務教育とほぼ同じ

日本語学習者がマスターしなければならない漢字について、JLPTを基準に見てみると、N5とN4で300字、N3で600字、N2で1,000字、N1で2,000字とされています。比較対象として、日本の義務教育で学ぶ漢字の数を挙げると、小学校6年間で1,026字、中学校3年間で1,110字です。さらに、小学校の学年別の漢字配当を見てみると、小学校1年生で80字、2年生で160字、3年生と4年生で約200字、5年生と6年生で約190字を学習することになっています。JLPTと日本の義務教育では学習対象の漢字は同じではありませんが、単純に数を比較してみると、N5・N4は小学2~3年生、N3は小学3~4年生といったように対応が分かります。

 

漢字だけでなく、文法や語彙も含んだ時間となりますが、JLPTのレベル別の学習時間のめやすは、N5とN4が300~400時間、N3が450~600時間、N2が600~800時間、N1が900~1,200時間です。

 

あくまでめやすですので、日本語学校やオンラインレッスンなど、学習する場所のシラバスによって異なりますし、個人の学習スピードや仕事の都合によっても学習時間の前後はあると思いますが、いずれにせよ、日本語学習者が覚えなければならない漢字は、日本の小中学生が学ぶ漢字と同じくらいあると言えます。特に、N1をめざす場合は、約900~1,200時間の勉強時間の中で、日本人が9年間かけて学習する漢字と同数をマスターする必要があります。

 

日本語授業での漢字指導

『みんなの日本語』の副教材である『漢字練習帳』や、『漢字たまご』など、漢字学習用の教科書を使って指導が行われます。教育機関や教師により指導方法はさまざまですが、漢字の読みと意味、書き順を確認し、その漢字を使った語彙や例文を派生的に覚えるという流れが一般的なやり方かと思います。その後、練習や宿題として、その日勉強した漢字を使って、実践問題に取り組んだり、短文作成や作文を行ったりします。

漢字への苦手意識をなくすポイント

漢字の覚え方のコツ

漢字を初めて学習する方にとって、漢字は複雑な記号のように見えてしまいがちですが、漢字がパーツからなることを理解すると、漢字をパズルのように見ることができるようになります。

 

音声を表すパーツと意味を表すパーツからなる漢字(形成文字)は、その部首が持つ意味や読みを覚えるようにします。例えば、「青」を含む漢字であれば、「晴」「清」「精」「静」など、音読みはすべて「セイ」となります。同じパーツを持つ漢字は、同じ読みを持つことが多いです。また、「さんずい」は水に関する漢字、「てへん」は手を使った人間の動作に関する漢字、「やまいだれ」は体調不良や病気に関する漢字など、部首によってその漢字のおおまかな意味が分かります。このような法則性を覚えると、その漢字を知らない場合でも、意味や読みを推測することができるようになります。

 

漢字と漢字の組み合わせからなる漢字(会意文字)については、学習者にストーリーを作ってもらう練習が有効です。

 

・動…重い荷物があります。大きい力で押すと、動きます。

・鳴…鳥が口から音を出して、鳴きます。

 

『漢字たまご』には、パーツから漢字を作成する練習が豊富にあります。本サイトの『漢字たまご』の解説記事も是非ご覧ください。

 

https://bunstyle.work/magazine/oyakudachi/%E6%BC%A2%E5%AD%97%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94/

日常生活や日本語学習でのメリット

読み方・発音は同じでも意味が異なる言葉である「同音異義語」が、日本語にはたくさんあります。例えば、『みんなの日本語』には「あいます」という動詞が出てきますが、「友達に会います」「事故に遭います」「サイズが合います」の3種類があります。また、「とります」は「写真を撮ります」と「休みを取ります」、「きます」は「学校へ来ます」と「服を着ます」など2種類の漢字を持つ動詞はもっとあります。学習レベルが上がるにつれて、「意外」と「以外」、「家庭」と「課程」など、名詞にも多くの同音異義語が登場します。

 

漢字を覚えていないと、これらの言葉を見たり聞いたりしたときに、意味や使い方を思い浮かべることが難しいです。より多くの漢字を覚えることで、日本語に多い同音異義語を理解・区別できるようになり、日本語でのコミュニケーションや学習の効率が上がることに繋がります。その実用性を理解してもらうことも、学習者の苦手意識を軽くするポイントと言えるのではないでしょうか。

 

メインテキストと連動

例えば、『みんなの日本語』と『漢字練習帳』、『できる日本語』と『漢字たまご』のように、漢字練習用の教科書をメインテキストに連動したものにすることも重要です。その日メインテキストで学習した語彙の漢字を扱うことで、語彙学習の一環として漢字を勉強することができます。

 

これは、漢字圏と非漢字圏の学習者がいるクラスの場合、両者に生じる差を小さくすることにも繋がります。メインテキストで勉強した漢字を使って、類義語や反義語を覚えたり、作文をしたりするといった練習を行う、漢字圏の学習者もそれほど優勢ではなくなりますし、漢字と語彙をセットで覚えることを促すことができます。もし漢字圏の学習者に余力がある場合は、追加で課題を出します。

 

まとめ

今回は、日本語教育における漢字指導について見てきました。学習者の苦手意識をなくすポイントは、漢字をパーツに分解して認識すること、日常生活や日本語学習での実用性を感じてもらうことでした。漢字指導について悩みや苦労を抱える先生方の参考になりましたら幸いです!

日本語教師スタイルは、日本語教師のキャリアアップのための資格取得・就職・転職を目指す方向けのWEBメディアです。インタビューによる日本語教師の生の声、日本語教育・教育業界のお役立ち情報満載です。

<こんな方におすすめです>

  • 日本語教師になることを目指している方
  • 日本語教師のスキルアップを目指している方
  • 日本語教育業界のことを知りたい方
マガジン編集部

マガジン編集部

この記事を監修した人

「言葉を教え、文化を広げ、異文化に橋を架けよう」というサービス理念のもと、国内・海外に日本語教育を展開している会社です。日本語を学び、日本語を使い、日本語でつながり、夢を実現するまでの教育を行っています。

SNSで記事をシェア